記事一覧

なぜ甲子園で「台湾デー」? 台湾人選手のいない阪神が開催した理由

なぜ甲子園で「台湾デー」? 台湾人選手のいない阪神が開催した理由

 
阪神甲子園球場で行われた「台湾デー」【写真:篠崎有理枝】

「確実に増える」甲子園への来場者、「より多くの台湾の方に球場に来ていただきたい」

 近年、日本球界と台湾球界のつながりはさらに強くなっている。多くの球団に台湾人選手が所属し、チーム内での存在感も増してきた。以前から熱狂的だった台湾におけるNPB人気もさらに上昇。現地ファンからの注目度も今まで以上に高まってきている。

 6月15日には、阪神甲子園球場で「台湾デー」が行われた。郭俊麟投手、C.C.リー投手が所属する西武ライオンズでは4月に行われたが、台湾人選手のいない阪神タイガースで、なぜ「台湾デー」が行われることになったのだろうか。阪神甲子園球場球場長代理の向井格郎さんに話を聞いた。

――なぜ「台湾デー」を行うことになったのですか?

「日本統治時代の台湾から、1931年に甲子園に初出場し準優勝した『嘉義農林学校野球部』の実話を基にした映画『KANO』が2014年に台湾で公開され、大ヒットしました。それをきっかけに、阪神甲子園球場に足を運ぶ台湾人の方が増え『甲子園歴史館』には、2014年に1万4000人、2015年は1万5000人もの方が台湾から来場されました。2014年以前は数千人でしたので、映画の影響で阪神甲子園球場が広く知られるようになったのだと思います。このような経緯を踏まえ、より多くの台湾の方に球場に来ていただきたいと『台湾デー』を開催することになりました」

――阪神甲子園球場で野球観戦をする台湾人の方も増えているのでしょうか?

「入場者の実数を調べることはできませんが、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語で用意している球場案内のパンフレットの減り方が、中国語が一番多いので、確実に増えていると思います。昨年から、台湾の中学・高校の修学旅行生が阪神甲子園球場へ野球観戦に訪れています。台湾の学校が修学旅行で阪神甲子園球場を訪れたのは、昨年が初めてです。今年度は既に修学旅行で台湾から8団体が訪れています。やはり映画の影響が大きいと思います」

――台湾人選手は所属していませんが、台湾人の方に阪神タイガース・阪神甲子園球場は知られていますか?

「2013年まで阪神タイガースに所属した林威助選手は、現在、台湾のプロ野球チーム中信兄弟でプレーしており、台湾でも人気です。また『嘉義農林学校野球部』で甲子園に出場した呉昌征さんは、その後、読売ジャイアンツ、阪神タイガースでプレーしているので、台湾でも阪神タイガースはよく知られています。実際に旅行博に出展した際にチラシを配ると、甲子園のフレーズを見て手に取って下さる方は非常に多いです」

台湾人旅行者の更なる増加を目指す甲子園、「たくさんの人に野球観戦を楽しんでもらいたい」

――より多くの台湾人旅行者を阪神甲子園球場に呼び込むために、どんな戦略をお考えですか?

「先月(2016年5月)、台湾の台北・高雄で行われた旅行博に、『台湾デー』にもご協力していただいている台湾のLCC『タイガーエア台湾』と同じブースで出店し、阪神甲子園球場としてチケットを販売しました。今後も私たち『阪急・阪神ホールディングス』全体で力を入れていきたいと思っています。阪急交通社でツアーを組み、梅田のHERBISや六甲山に行ってもらい、野球を見てもらうということも考えています。ジェット風船を飛ばすのを楽しみにしている台湾人の方も多いので、たくさんの人に野球観戦を楽しんでもらいたいと思っています」

――台湾からもチケットは購入できるのでしょうか?

「私たちが運営している『甲チケ』システムを利用して、ホームページから直接購入できるようになっています。昨年から中国語にも対応していますし、カード払いも可能なので、試合が中止になっても返金がスムーズにできます。来年以降、いかに案内していくかが課題です」

「台湾デー」のスポンサーである台湾のLCC「タイガーエア台湾」は、この「台湾デー」に合わせ「台北−関西空港」の4便と「高雄―関西空港」の1便で客室乗務員が阪神タイガースとのコラボレーションで制作したユニフォームを着用。さらに、試合観戦者に航空券を抽選でプレゼントするなどのキャンペーンを実施した。「タイガーエア台湾」のCCO、アイリーン・フアンさんは「阪神タイガースは台湾でも人気があるチーム。映画『KANO』が公開され、台湾でもよく知られています」と話し、今後も甲子園ツアーを組むなど協力していく予定だという。

 15日には映画「KANO」に出演した永瀬正敏さん、陳永欣さんらがトークショーや始球式を行うなど、球場は台湾ムード一色となった。プロデューサーの魏徳聖さんは「台湾と日本は、地震の際などにお互い助け合うが、悲しいことではなく野球という共通の文化で親交を深められたら」と語った。

 セ・リーグの球団で初めて行われた「台湾デー」。映画をきっかけに、さらに台湾からの来場者を増やし、日本の野球に興味をもってもらえるか。阪神甲子園球場の今後の戦略に注目だ。

篠崎有理枝●文 text by Yurie Shinozaki

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン

Author:ニャン
はじめまして

私は30年間
都会暮らしをしていましたが、
不思議な巡り合わせで8年前、
山奥の一軒家に
引っ越した「ニャン」と言います。

田舎を選んだ理由は、色々ありますが
一つ目の大きな理由としては

都会には無い山々や木々の緑や、
純粋な川の水、
そして美味しい空気、
そんな美しい自然への
憧れが昔からあった事。

二つ目は、

広々とした住まいの空間で過ごす事。

部屋数も少なく、狭い一部屋、一部屋。
こんな空間は窮屈で窮屈で、
早く卒業したい、
広々とした住まいの空間が欲しい。
そう思って今迄我慢して来た事。

以上の理由からです。

それともう一つ大きな理由があります。

それは、
今迄、持ち家など欲しいとは思わなかった
と言えば過言ですが、
あまり執着はありませんでした。

ところがある日、
同じ職場のYさんという同僚が、
凄くいい家が売られているんだけど
誰か買う人いないかなぁ?
と言うのです。

宮大工で腕の立つYさんが
勧めるのだから、
余程いい家なんだろうなぁ~
と思いながらも
聞き流していたのですが、

突然、自分は家二軒持ってるし
これ以上持つと管理が難しくなるんで
良かったらニャンさん(私に)
見に行かない?と、言うのです。

Yさんが、こんな話しを私にするのも
うなづけるものがありました。

ちょうど一年前の事ですが、
Yさんの助手として
私の知り合いでTさん家の屋根の
補修工事をやっている時ですが、

私のいない場でTさんがYさんに陰口した
そうなんですが

「ニャンさんは未だに
賃貸マンション暮らしで、
あれじゃあ
いくら建築に携わる仕事をしていても
建築士として
世間は認めちゃくれませんよね。」

この話しを後でYさんから聞かされた時は
とてもショックでした。

何よりも信頼関係が出来上がっていると
思っていたTさんが
こんな陰口をするなんて
本当に信じられませんでした。

付き合いが長く信頼していたTさん
だっただけに、
あの時は本当に裏切られたと言う思いで
悲しみが込み上げました。

まだ出会って2年程で
付き合いの浅いYさんでしたが、
裏表のないYさんはTさんとのやり取りを
包み隠さず全て話してくれました。

そして今回、Yさんは私のために
素晴らしい家の話まで
持って来てくれたのです。

Yさんに紹介されて最初に家を
見に来た時
私の二つの望みを叶えてくれる、
素晴らしさに
とても感動しました。

まだ購入もしていないのに、
掃除もされていないのに、
畳の部屋に大の字で寝っ転がって

檜造りの天井を眺めながら、
心の底から、
ここに住んでみたいという
感情がこみ上げて来ました。

それと同時に、
不思議なんですけど自分は
ここに住めるんだ。という、
確信の様なものがあったんですね。

初めて見に来たというのに、
まだ購入も出来るかどうかも
分からないのに。
もう買って住んでるような
気分になったのは
今でも思い出すと不思議でなりません。

不思議な巡り合わせで住むことになった新居。

本当はここに至るまでもっともっと
不思議な体験があるんです。

こちらのブログ→自分流。あなた流。アシュタール流。[ http://mop.capoo.jp/ ]の方で徐々に話していきますね。

よろしければどうぞお越しください。^_^

これからもよろしくお願いします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
6位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-