FC2ブログ

記事一覧

1人で何してる?「ソロキャンプ」人気の秘密



イメージ




1人で何してる?「ソロキャンプ」人気の秘密



2/10(日) 7:05配信


読売新聞オンライン




 細い山道を車で走ると、川のせせらぎが聞こえてくる。カサッカサッと枯れ草を踏みしめる音。並べた枯れ枝の向こうで火打ち石がカチンカチンと響く。ケトルから湯が注がれ、カップから白い煙が立ち上る。どこにでもありそうなキャンプ風景だが、周囲に家族や仲間の姿がない。1人でキャンプという愛好家が増えている。その魅力は何か。キャンプコーディネーターのこいしゆうかさんが解説する。


 

◆ソロキャンプを広めたのは「ヒロシです。」

 「ソロキャンプ」を知っていますか?


別名「1人キャンプ」とも言います。最近、ウェブやメディアなどで頻繁に目にするようになりました。

「え? 1人でキャンプ?」

「それって、寂しくないの?!」

なじみのない人が聞けば、「一体何をやっているんだ」とばかりに目を丸くすることでしょう。

ここ数年、少しずつ「ソロキャンプ」という言葉は広まってきましたが、2018年に一気に浸透したと感じています。

その主な要因として考えられる出来事が二つあります。

一つは、YouTubeでユーチューバーとして活躍する芸人のヒロシさんを筆頭に、1人でキャンプをする動画をアップする人が増え、多くの人の目に触れるようになったことです。

もちろん、動画の内容は、それぞれが1人でキャンプを楽しんでいるだけです。

ただ、それまで一部の人しか知らなかった、ベールに包まれていた“ひそやかな楽しみ”が動画サイトにアップされたことで、ソロキャンプの実態が目に見えるようになったのです。

「一人ぼっちで何をして過ごすのか」「どんな道具を使っているのか」といったことが分かったことで、ソロキャンプがぐっと身近になりました。





◆若い女性もソロキャンプ

 もう一つの要因として考えられるのは、2018年に放送された「ゆるキャン△」というテレビアニメです。山梨県周辺のキャンプ場でレクリエーションや野外調理といったアウトドアを満喫するというストーリーです。この中に、ソロキャンプをする女子高生が登場します。


舞台は、冬、富士山が見える湖畔のキャンプ場で、慣れた様子でテントを建てて、チェアに座り、小説を読み出します。体が冷えると、キャンプ場に落ちている小枝や松ぼっくりなどを拾い集め、火を焚(た)く様子が描かれています。

このアニメの影響で、若い女性やこれまでキャンプをしたことがないという人が関心を持つようになりました。

キャンプコーディネーターとして仕事をしつつ、プライベートでもキャンプを楽しんでいる私にとって、この1年でソロのキャンパーが増えたという実感を強く持っています。

私がキャンプを始めてから10年ほど経(た)ちますが、その頃、ソロキャンパーと言えば、バイクにまたがった渋いオジサマというイメージでした。先日、東京の郊外にあるキャンプ場に出かけてみると、平日にもかかわらず、4、5人ほどのソロキャンパーがいました。その中には若い女性の姿もありました。

1人でキャンプというスタイルは、確実に広がっているようです。





今回の記事は以上です。






この様なニュースをブログ記事にしようとした時に

問題になるのが著作権法です。





今まで御構い無しにニュース記事を取り上げ引用し

てきましたが最近になってこの著作権侵害という

課題にぶち当たり随分頭を悩まして来ました。





そこで色々考えた末辿り着いたのが今あなたがご覧

になっておられるブログ構成のこの形です。





ニュースを見たいのに、なんで法律の話とあなたは

思われるかと思いますが、その訳をお話しします。





今までの様にスッキリした形でニュースを紹介して

行きたいと言う気持ちは充分ありますが今回止むを

得ずこの様な形をとる事になったその理由を単刀直

入に話しますと、全文をそのまま引用しただけでは

著作権に引っ掛かる場合があるということです。





よく目にされているかも知れない全文引用の記事

は著作者が法的に取り上げない限り問題にはなり

ませんが、もし訴えれば著作権法に引っ掛かって

しまうことがあります。





今のところ、この問題に触れる件数があまりにも

多過ぎて著作者側が問題として取り上げる事が追

い付いていかないのが現状の様です。





ですから当ブログにトラブルが発生した訳ではない

のですが今の内にその問題を回避しておく為に、ブ

ログ構成を「適正な引用」のスタイルとして整えて

いくことに決めました。





そして閃いたのが今あなたがご覧になっている

このブログのこのブログ構成です。





ですから読者の皆様にはご不便をおかけします

が、このブログが末長く継続出来るように考え抜い

た苦肉の策ですのでどうぞご理解の程宜しくお願い

致します。





そこで私を悩ませた著作権法の「適正な引用」とは

どういうものなのか記事にして触れてみたいと思い

ます。





適切な引用とはどういうものなのか





引用には二通りあります。







それは著作物を出版する場合とその著作物をインタ

ーネット上で公開する場合です。





引用した作品を出版したり公開する前にその作品の

著作権者の許可を得ていれば当然問題はありません。


ですが出版するにしてもインターネット上で公開す

るにしても、同じように「適正な引用」が問われる

ことになります。





「引用」においては、著作権法第三十二条に定め

られておりますのでご覧ください。




↓↓↓




著作権法第三十二条

公表された著作物は、引用して利用することが

できる。この場合において、その引用 は、公正な

慣行に合致するものであり、かつ、報道、批 評、

研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわ

れ るものでなければならない。 (以下、略)



また、引用する場合は第四十八条に定められている

「出所の明示」は欠かせません。




↓↓↓




著作権法第四十八条

次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する

著作物の出所を、その複製又は利用 の態様に応じ

合理的と認められる方法及び程度により、 明示し

なければならない。 (以下、略)





まとめ[引用するときの注意事項]


1.「引用される」著作物が、すでに公表されて

いること。


注意)未公表の手紙、日記、論文等は引用でき

ない





2.「引用される記事」と元々メインとして書いて

いる記事との間でハッキリとした ラインがあり

区別されてること。


注意) 文章を引用する場合、カギ括弧でくくっ

たり、フォントを変更したりするなどしてハッキリ

と区分することが必要。





3.「引用される側」の著作物の「出所の明示」が

必要。


(参照文献としての表示あるいは脚注等)





4.「引用する側」の著作物が主であり「引用される

側」の著作物が従という関係性が必要。

と同時にその記事の引用の必要性があること。


注意) 引用の範囲が必要以上の分量でないこと。


引用する部分を勝手に改変しないこと。





著作物は「思想又は感情を創作的に表現したもの

であり、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属する

ものをいう。」と定義されており、事実やデータの

単なる羅列は著作物には該当しない。





著作権者が前以て「その利用は自由」として公開

しているものや著作者の死後50年が経過したもの

に関して著作権は発生しない。





著作権法に関しての記事は以上となります。







今回は特に今までの記事に不足だった

【「引用する側」の著作物が主であり「引用される

側」の著作物が従という関係性が必要。】

というこの規定に準ずることを頭におきながら記事

を書いてみました。





今回の記事編集、ブログ構成は如何でしょうか?

もっと最適な記事の作り方があるかも

しれませんが、しばらくはこの形でニュース記事を

紹介していくつもりです。





ただ一つだけどうしても気になる点が残っています。

私事ですがそれはジャンルの問題です。





今までは記事のメインジャンルをニュース、副ジャ

ンルをITとして皆様に親しんでいただいたのですが

これからはメインジャンルをライフ、副ジャンルを

ニュースとしてジャンル登録の変更をした方がしっ

くりいくような気がしてきました。





この先、ジャンル変更するかもしれません。

その時は、またお騒がせしますがよろしくお願い致

します。





最後までお読 みいただきありがとうございました。





<2個で5%OFFクーポン★21日16:00-3月4日11:59>ダブルストレングス コッドリバーオイル(タラ肝油) 650mg 250粒 NOW Foods(ナウフーズ)

価格:2,097円
(2019/3/3 23:24時点)
感想(0件)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

出会いに感謝!フランDグルコース

検索フォーム

プロフィール

ニャン

Author:ニャン
はじめまして

私は30年間
都会暮らしをしていましたが、
不思議な巡り合わせで8年前、
山奥の一軒家に
引っ越した「ニャン」と言います。

田舎を選んだ理由は、色々ありますが
一つ目の大きな理由としては

都会には無い山々や木々の緑や、
純粋な川の水、
そして美味しい空気、
そんな美しい自然への
憧れが昔からあった事。

二つ目は、

広々とした住まいの空間で過ごす事。

部屋数も少なく、狭い一部屋、一部屋。
こんな空間は窮屈で窮屈で、
早く卒業したい、
広々とした住まいの空間が欲しい。
そう思って今迄我慢して来た事。

以上の理由からです。

それともう一つ大きな理由があります。

それは、
今迄、持ち家など欲しいとは思わなかった
と言えば過言ですが、
あまり執着はありませんでした。

ところがある日、
同じ職場のYさんという同僚が、
凄くいい家が売られているんだけど
誰か買う人いないかなぁ?
と言うのです。

宮大工で腕の立つYさんが
勧めるのだから、
余程いい家なんだろうなぁ~
と思いながらも
聞き流していたのですが、

突然、自分は家二軒持ってるし
これ以上持つと管理が難しくなるんで
良かったらニャンさん(私に)
見に行かない?と、言うのです。

Yさんが、こんな話しを私にするのも
うなづけるものがありました。

ちょうど一年前の事ですが、
Yさんの助手として
私の知り合いでTさん家の屋根の
補修工事をやっている時ですが、

私のいない場でTさんがYさんに陰口した
そうなんですが

「ニャンさんは未だに
賃貸マンション暮らしで、
あれじゃあ
いくら建築に携わる仕事をしていても
建築士として
世間は認めちゃくれませんよね。」

この話しを後でYさんから聞かされた時は
とてもショックでした。

何よりも信頼関係が出来上がっていると
思っていたTさんが
こんな陰口をするなんて
本当に信じられませんでした。

付き合いが長く信頼していたTさん
だっただけに、
あの時は本当に裏切られたと言う思いで
悲しみが込み上げました。

まだ出会って2年程で
付き合いの浅いYさんでしたが、
裏表のないYさんはTさんとのやり取りを
包み隠さず全て話してくれました。

そして今回、Yさんは私のために
素晴らしい家の話まで
持って来てくれたのです。

Yさんに紹介されて最初に家を
見に来た時
私の二つの望みを叶えてくれる、
素晴らしさに
とても感動しました。

まだ購入もしていないのに、
掃除もされていないのに、
畳の部屋に大の字で寝っ転がって

檜造りの天井を眺めながら、
心の底から、
ここに住んでみたいという
感情がこみ上げて来ました。

それと同時に、
不思議なんですけど自分は
ここに住めるんだ。という、
確信の様なものがあったんですね。

初めて見に来たというのに、
まだ購入も出来るかどうかも
分からないのに。
もう買って住んでるような
気分になったのは
今でも思い出すと不思議でなりません。

不思議な巡り合わせで住むことになった新居。

本当はここに至るまでもっともっと
不思議な体験があるんです。

こちらのブログ
↓↓↓
自分流。あなた流。アシュタール流。

の方で徐々に話していきますね。

よろしければどうぞお越しください。^_^

これからもよろしくお願いします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
4位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ

Amazonはこちら

楽天はこちら